FC2ブログ

佐藤家のよしなしごと

~熊本でリトモスとポル・ド・ブラとエアロのインストラクターをやっている夫婦の日常を綴ってみました・・・。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ハムさん vs 動物のお医者さん 

 

お盆期間中、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
熊本市内は、日差しが強いながらも、断続的に雨が降るなど、天気は優れないですね。
また、帰省ラッシュは今日あたりがピークということですので、くれぐれも事故などには気を付けて、休暇を楽しんでいただければと思います。

さてさて、ちょっと前の出来事なのですが、先日の日曜日、ハムさんを動物病院に連れて行きました。

げっ歯類であるハムさんは、一生、歯が伸び続けます。
通常、硬いものをかじるなどして、自然と削れていくのですが、かじり木が嫌いなハムさんは、歯が伸びちゃったんですね。

しかも、外に出して欲しい時やお腹がすいた時は、ケージの金網をかじるのですが、この時、首を傾けてかじるクセがあるので、歯が斜めに伸びてたんです。

この状態を放置してしまうと、口の中を切ったり、ものが食べられなくなったりと、より深刻な状況になってしまうので、早いうちに動物病院で歯を削ってもらおうということになった訳です。

それで、アメリカ滞在中、預かってもらった竜之介動物病院にいった訳ですが・・・。

ハムさんを治療に連れて行くのは初めてな訳で、とっても心配だったんですね。

奥様は、「麻酔掛けたりするのかな」とか、「そのまま目覚めなかったらどうしよう」とか、小動物ならではの体力の無さが原因で、もっとひどくなったりしないかと案じておりました。

そんな心配の下、車で病院へ連れて行き、受付を済ませ、診療室に呼ばれたんです。

ケージを診察台の上に置いて、お医者さんに事情を説明すると、「とりあえず、外に出しましょうか」といわれました。
お医者さんは、緊張して、外に出てこないのを心配したのですが、当のハムさん。

手を出したら、とっとこ出てきちゃいました。

すぐに、「賢いねぇ」と褒められながら、首の後ろをぐいっとつままれると・・・。

実は、ハムスターは大きく口を開けてくれないので、歯の様子は観察しにくいのですが、ここをつまむと歯がむき出しになるという場所があるんですねd(^_^)

で、そのつままれた瞬間。
何とっ!歯と一緒に、目玉も飛び出しました...ヽ(゚Д゚;)ノ!!

普段のカワいいハムさんから想像できない顔に、奥様もビックリ!

しかも、その後、専用のハサミみたいな器具で、パチッ、パチッって・・・。

ものの1分も掛からず、治療終わっちゃいました。

スゴく心配していたにもかかわらず、あまりの短さ。
そして、ハムさんの予想外の顔もあって、奥様、笑いが止まらず。

「すっごく目が飛び出てた!」
「え?これだけ?」

って言いながら、ずっと笑ってました。
一気に、緊張が解けちゃったんですね。

ということで、佐藤家に来て早1年半。
ハムスターの寿命は、約2年と言われているので、もう結構なお年寄りなのですが、まだまだ絶好調なハムさんです♪

まだまだ、元気でいて下さいねm(_ _)m
スポンサーサイト

category: よしなしごとの巻

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。