FC2ブログ

佐藤家のよしなしごと

~熊本でリトモスとポル・ド・ブラとエアロのインストラクターをやっている夫婦の日常を綴ってみました・・・。

世界一ステキな水玉♪ 

 

さてさて、皆さん。
いま熊本市で、ちょっぴり水玉が増えているのをご存知でしょうか?

「水玉?、どういうコト?」って感じですよね?

その理由がこちらですm(_ _)m



草間彌生「永遠の永遠の永遠」
YAYOI KUSAMA Eternity of Eternal Eternity

この草間彌生さんの個展が、4/6より熊本市現代美術館にて、絶賛、開催中なんです。

草間彌生さんは、世界でも著名な前衛芸術家。カラフルな水玉や網模様をモチーフにした絵画、ソフトスカルプチャーなどを発表し続けています。

お名前を知らなくても、下のカボチャとか、そのデザインをご覧になったことがある方は多いのではないでしょうか?
少し前だと、auとコラボしてデザイン携帯を発表したりもしてましたよね。



昨日は、この展覧会を鑑賞しに、熊本市現代美術館へ行ってきました。

今回は、お馴染みの鮮やかでカラフルな作品ばかりでなく、モノクロの線画による一連の作品や、立体作品、展示空間全体を使って表現するインスタレーションなどが展示されていて、草間彌生さんの世界を体感することができます。

前衛芸術なので、抽象的、感覚的なものなのですが、独特の表現や色彩感覚は、何というか、圧倒されるものがありました。

また、全ての作品にはタイトルがついているのですが、展示にはタイトルが表示されていません。
絵画を見て感じたものとタイトルを比べてみたり、タイトルから異なる作品との繋がりを想像してみたりと、思い思いに楽しませていただきました。

個人的には、本当に不思議な感覚で、作品を鑑賞したといより、草間彌生さんの世界をのぞき見した様な感覚。
あと、対話の様な感覚で、きっとその時の気分や感情によって、感じ方も代わるんだろうなぁって思いました。

ちなみに、一部の立体作品やインスタレーションは撮影OK。
作品と一緒にポーズをキメて記念写真を撮っている方もいらっしゃいましたよ。


ということで、草間彌生「永遠の永遠の永遠」は、熊本市現代美術館にて、6/15まで開催されています。

今年3月に制作されたばかりの立体作品や熊本市現代美術館が所蔵する作品なども展示されていますので、興味のある方は、是非、足を運んでみて下さい。





そうそう。
美術館内の「カフェ・レガル」や「スイス上通店」など近隣カフェでは、期間限定で、草間彌生の代名詞である水玉模様をイメージした記念メニューを提供してるみたいですよ(b^-')o

あわせて、楽しんでみてはいかがでしょうか♪
スポンサーサイト

category: よしなしごとの巻

tb: 0   cm: 0

△top